2017.12.16 後期第3回「ライントレース中にハプニング」

床の色が〇色だったら・・・。
みたいな条件を探しながら動くときは、できるだけ短い時間でライントレース部分を終わらせ、その合間に色チェックを入れるのが得策です。
しかし、今回もみなさん苦労していましたねぇ。
講師陣も結構悩まされていました。
一番多かったのは、自分のロボットの光センサーのポートと、プログラムのポートが違ってる場合。
初歩的すぎて見落としてしまうのでしょうか?
次に多かったのが、赤色を探すスイッチで、赤色じゃないときに流れがデフォルトになっていない場合でした。(これはテキストもまずかったのですが・・・。)
赤発見

1年目のみなさんはまだまだ分からなくて当然です。
みなさんのがんばる姿を写真に撮っておきました。
DSC_1474 DSC_1475 DSC_1476 DSC_1477 DSC_1478 DSC_1479 DSC_1480 DSC_1481 DSC_1482 DSC_1483
いろんなことを試しながら、少しずつ学んでいましたね!
自分で考えて、失敗した分だけ理解は深まります。
次回は12月23日(土)です。

保護中: 【資料】ループを使いこなそう!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2017.11.25 後期第2回「ライントレース中にハプニング♪」

後期は4回かけて、ライントレースの途中にある障害に応じた動きをするロボットを作成しています。

DSC_1270 DSC_1266
今回は第2回。
1年生は数式を使って、角度ではなく、長さを入力すればその通りにピタッと止まるプログラム。
DSC_1268 DSC_1264 DSC_1263 DSC_1272
タイヤの直径と円周率をかけ合わせて、360度タイヤを回したとき進む距離を調べるなど、今までのロボットとはちょっと違う勉強になっています。
DSC_1265 DSC_1267
経験者の子供たちはすでに、赤いマークで右の車庫に。壁があったら左の車庫に。
20秒間何もなかったら、180度回転してスタートに戻るプログラムを完成させた人も居て、別のプログラミング方法で解決しようと実験を繰り返しています。


あと2回で一旦終了になります。
その後は、来年のWRO種目に挑戦することを予定しています。

次回は12月16日(土)になります。
よろしくお願いします!