2019.5.25 前期第2回「ライントレーサーをつくろう!」

運動会シーズンまっただ中で、欠席者が多かった今回の講習会。

ほとんどマンツーマンで講習を進めることができました。
家でかなりいじっている子供たちもいるようで、今後の成長が楽しみです。
今回のポイントは「しきい値」です。
みんなで同じプレートを使って測ってみたのですが、数値はそれぞれバラバラです。
理由の1つ目は、カラーセンサーの感度に個体差があること。
2つ目は、人間の目には同じように見えても、場所によってその明るさは実は大きな差があることです。
ちょっと工夫して光センサーを付ければ、模造紙の上に黒いマジックで線を引くだけでもライントレーサーの競技場ができます。
ぜひ、ご家庭でも最速を目指して練習してみてください。
DSC_0823
DSC_0824 DSC_0825 DSC_0826

今回、こんな風に取り付けてみました。
DSC_0827

コースに並んで、順番待ちをする子供たち。
最速は、30秒間でタイル28枚でした。
DSC_0828
DSC_0830 DSC_0831

最速ロボットのビデオです。
ポイントはインコースを走っていることと、どちらのモーターも「パワー0」にしていないことです。
バランスの調整が難しいですね。

保護中: 1)光センサーを使おうEv32019

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 5)黒い線で位置合わせしよう!(上級者向け)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019.5.11 2019年度前期第1回「トレーニングロボットを作ろう」

2019年度第1回目の講習会を行いました。
DSC_0509

たくさんの荷物がありましたが、子供たちや保護者のみなさんのご協力で素早く会場まで運ぶことができました。
DSC_0510 DSC_0511 DSC_0512 DSC_0513
最初にマインドストームのサーボモーターやセンサー類の説明をしたあと、トレーニングロボットの製作に入りました。
Ev3ソフトウェアのトップから、組み立て説明書>トレーニングロボット>表示
で、組み立て方が見られます。
DSC_0515 DSC_0516
組み立てが終わった人から自分の組み立てたロボットでペットボトル倒しを行いました。
DSC_0517 DSC_0518 DSC_0519 DSC_0520 DSC_0521 DSC_0522
次回はカラーセンサーを使って、床に書かれた線をたどって走るロボットを作ります。
運動会で欠席予定の子供たちが多くて残念です。
このサイトのテキストを使って自習しておいてくれると助かります。
http://robot.e-nat.org/category/%E8%B3%87%E6%96%99/

WRO2019の情報

WRO2019の情報を共有します。
富山県予選大会は7月14日(日)に決定しました。
本講習会に参加のみなさんは全員参加でお願いします。
WRO-2019-Regular-00-General-Rules2018との違い

資料4 WRO2019年間スケジュール
資料8 WRO_Ethics_Code_Teams_2018