モーターチェックをしよう!

選手のみなさんはWROに向けて練習に励んでいますが、極限まで性能を追い求めるときはパーツのチェックも大事なんです。今回は、パーツをチェックしつつ、配列と画面表示にも挑戦してみました。

つくったプログラムはこれ。
MotorCheck
「Bモーターを初期化して、3秒間Bモーターを前進させて、0.5秒間停止」を3回繰り返し、画面のグリッド1,3,7列目に3回の測定結果を5秒間表示する。
というものです。
で、出てきた画面がこれ。
DSC_1793
あっちゃ~!カブってもうとるやん!でも、消去を真にすると、消えちゃうし…。
こういうときはググって探す。
そう備忘録「表示ブロックについて ~レゴマインドストームEV3~」 https://www.souichi.club/lego/display-block/

なるほど、表示する前に直前の画面を消すかどうかを聞いてるのか。
ということは、最初の表示だけ消せばいいのね。
gamen

と言うわけで、無事以下のような画面を出せましたとさ。
めでたしめでたし。
配列については、ぜひググってみてくださいね。
DSC_1794
それにしてもタイヤめっちゃ減ってるやん!