2020.6.27 第2回「光センサーを使ってみよう!」

今日は光センサーを使った実習です。
まずは光センサーを取り付け、いろいろな色のシートを読み取りました。
明るさでいうと、青よりも緑が暗いなど、人間の目とは違った見え方をしていることが分かります。
また、ロボットにより明るさにはばらつきがあり、一人一人自分のロボットに合わせたプログラミングをしなければなりません。

今日も保護者の皆さんと一緒に学習を進める姿が印象的でした。
小学生にとっては難しすぎる内容にがんばって取り組んでいます。
保護者のみなさんもぜひご一緒に悩んであげてください。

途中でロボットのバッテリーが少なくなったお子さんがいました。
前日の夜には、ぜひロボットの充電をお願いします。

入り口付近の受付で手指の消毒、非接触の体温計で検温、参加者名簿への記入と終了後の消毒を行い、感染症予防に力を注いでいます。
体調不良の場合はZoom参加にしてくださいますようよろしくお願いいたします。
DSC_0207_R

DSC_0208_R

DSC_0209_R

DSC_0210_R

DSC_0211_R

DSC_0212_R

DSC_0213_R

DSC_0214_R

DSC_0215_R

DSC_0218_R

DSC_0219_R

DSC_0220_R

DSC_0221_R

DSC_0223_R

DSC_0226_R

 

2020.6.14 2020年度前期第1回

新型コロナ感染症防止のため、開催を見合わせていましたが、学校再開に伴いNATの講習会も始動しました。
広い多目的ホールで、一人一台机を使い、入り口と受付には消毒用ジェルも用意しました。
全員マスク着用での新しい日常バージョンの講習会です。
Zoom参加も始めました。

今年の受講生の保護者のみなさんは、お子さんと一緒に学んでくださる方が多くて、ぼくたちサポーターとしてもうれしい限りです。
ぜひ、一緒に悩んであげてください。
みなさん、一年間どうぞよろしくお願いいたします。
DSC08590 (2) DSC08587-1 DSC08575 DSC08570 DSC08571 DSC08564 DSC08562 DSC08558 DSC08557 DSC08553 DSC08552 DSC08550 DSC08542 DSC08541 DSC08538 DSC08532 DSC08517 DSC08511 DSC08510

2020.2.8 後期第5回「高岡市ロボットプログラミング競技大会に挑戦!」

早めに会場に来られた方にはバレてしまいましたが、自転車操業でがんばっております。
サポートスタッフの機転とチームワークにより、なんとか準備を間に合わせて講習会を実施することができました。
DSC_0152 DSC_0153 DSC_0154
最初に、前田さんにルール説明を行っていただきました。
もうNATでは「ルールの前田」で通っています。質疑応答もさすがでしたね。
DSC_0155 DSC_0156 DSC_0157 DSC_0159 DSC_0160 DSC_0161
高岡市大会では、オブジェクトの配置やスタート地点が単純化されています。
短時間で準備する子供たちの負担を少しでも軽くしようという配慮です。
DSC_0162 DSC_0163 DSC_0164
中学生の中にはC言語でプログラミングしている友達もいました。
玄人なおじさんたちが、がんがんアドバイスしていましたね。
こんな感じで、得意分野を生かしてがんばっております。
DSC_0165
いや~!子供たちが自分のプログラムを試して笑顔になっているのは、元気をくれますねぇ!
来週は、二上まなび交流館主催の講座で子供たちがサポーターを引き受けてくれます。
よろしくお願いします!

2019.12.21 とやま未来キッズカンファレンス当日

スライド1

11月から準備してきたプレゼンの当日になりました。
打ち合わせ不足で大幅に時間が削られました。子供たちは大急ぎで話してくれましたが、後半の子供たちは実演ができなかったことを深くお詫び申し上げます。
しかし、アイディア重視で評価していただき、実演ができなかったお子さんからも受賞者が出たことは大変喜ばしく思っています。受賞されたみなさん、おめでとうございます!

中尾哲雄会長さんからは、「小学生のアイディアはすばらしいね。プレゼンも大人顔負け。これは認識を改めなきゃならないなぁ(笑)」と評価していただきました。「今から高岡の子供たちをスカウトしておかなきゃいけないね」と笑っておられました。

どの作品も大変高いレベルになっていました。
今回惜しくも受賞を逃したみなさんも、胸を張ってください。
みんなよくがんばりました!

北日本新聞の12月22日の朝刊に記事が出ていましたので掲載します。
DSC_5152

当日の写真を掲載します。
DSC_0028 DSC_5098 DSC_5100 DSC_5101 DSC_5102 DSC_5103 DSC_5104 DSC_5105 DSC_5106 DSC_5107 DSC_5108 DSC_5109 DSC_5110 DSC_5111 DSC_5112 DSC_5113 DSC_5114 DSC_5115 DSC_5116 DSC_5118 DSC_5119 DSC_5120 DSC_5121 DSC_5122 DSC_5124 DSC_5125 DSC_5128 DSC_5129 DSC_5131 DSC_5132 DSC_5133 DSC_5134 DSC_5135 DSC_5137 DSC_5138 DSC_5139 DSC_5145 DSC_5146 DSC_5147 DSC_5149

2019.12.7 後期第3回 「あったらいいなこんなロボット」中間発表会

研究中のロボットの中間発表会を行いました。
まずは、発表会に向けて1時間の準備を行いました。
DSC_5003_RDSC_5004_RDSC_5005_RDSC_5006_RDSC_5009_RDSC_5010_RDSC_5011_RDSC_5012_RDSC_5013_RDSC_5018_R
エントリー順に、自己紹介、ロボットの説明、実演を行いました。
78388129_3140661615949395_8025986290610601984_o_R 78395053_3140630725952484_3235856737655324672_n_R 78980754_3140585695956987_2822081697187627008_o_R 79281675_3140630605952496_9119705600937164800_n_R 79297649_3140618899287000_579705149123985408_o_R
楽しいアイディアが一杯でした。
分かりやすくするためにパワーポイントを作ってきた子供たちもいました。
あと2回、本番に向けてさらにアイディアと見せ方を工夫していきます。

【動画】計算ロボット

受講生が夏休みの自由研究で計算するロボットを作ってくれたので動画を共有します。





暗算でできることをわざわざロボットでやっちゃうこのセンス。
最高ですね!

2019.11.23 後期第2回「IoTとセキュリティ」

後期第2回は、最初に金宏さんの「IoTとセキュリティ講座」が行われました。
DSC_4894
DSC_4895
「みなさんの使っているマインドストームはIoTの要件を満たしている機器です。 
DSC_4896 DSC_4897
機器同士が情報を伝達するための決まりをプロトコルと言います。
DSC_4898 DSC_4899 DSC_4901
プロトコルを例えていうならば、戦国時代の旗信号やのろしに当たります。
あらかじめどうなったら敵が来た合図なのかを決めておくんですね。
インターネットで情報をやりとりするときもルールを決めていますが、伝言ゲームのようにしてつながっていく仕組なので、途中で誰かに盗まれたり、勝手に書き換えられたりしたら困りますよね。
そんなことがないように暗号化してセキュリティを高めます。
DSC_4905 DSC_4912
さて、インターネットでホームページをやりとりするのに使われているのはHTTPと言います。
HTTPは基本キャッチボールです。コンピュータとコンピュータが、欲しい情報を要求される度に返信しています。
しかし、IoTではつながる機器が多すぎるので、いちいちキャッチボールしていられません。
そこで、MQTTという方式が考え出されました。MQTTでは、キャッチボールではなく、玉入れをしているようなものです。
サーバー側にかごのような仕組みを作って、あちこちからそのかごに情報が投げ入れられます。
サーバーはその情報を来た順番に処理していきます。
例えば、このロボットはぐるぐる回りながら超音波センサーで目の前のものまでの距離を測り、それをこのPCに送信します。
受信したこのPC(サーバー代わり)はその数値を受け取った順に表示していきます。
やってみましょう。(PCの画面に数値が順に表示される)
一見地味ですが、これを何十、何百という数のロボットで同時に計測すると、ばらまかれた一帯の地形図をつくることもできるようになります。
ひとつひとつの情報がチープでも、それをつなぎ合わせるとこれまでは到底手に入れることができなかったような詳細な情報になる。
それがIoTの強みです。
そして、このような仕組はたくさんの技術者がアイディアを出し合って、創り上げてきた世界なのです。
みなさんはその最先端にいます。この中から、いつかみんなの役に立つ技術を生み出してくれる人が出てくれるとうれしいな」
DSC_4914 DSC_4915 DSC_4916 DSC_4917 DSC_4918 DSC_4921 DSC_4922 DSC_4924 DSC_4925 DSC_4927 DSC_4928

前期は、みんなが決まった課題に取り組んでいましたが、後期はみんながそれぞれ自分の夢を叶えるロボットを製作しています。

いろんなアイディア、いろんなロボットがあって楽しいです。
子供たちの表情もみんな輝いています。

2019.11.9 後期第1回「とやま未来キッズカンファレンスに参加しよう!」

WRO2019国際大会がまさに開催されている最中ですが、後期の講習会が始まりました。

今年から後期の11月と12月は、12月21日(日)に開催される「とやま未来キッズカンファレンス」を目標にすることになりました。とやま未来キッズカンファレンスでは、「あったらいいなこんなロボット」と題して、暮らしを便利にするロボットを作り、それをプレゼンします。

第1回の今日は、夏休みから考えてもらっていたアイディアを聞き合う場を設定しました。
スライド1スライド2
FB_IMG_1573287354755
「前期、みなさんはWROの競技に向けて練習を続けてきました。みなさんはこのちっぽけなロボットを思い通りに動かすことを学んできましたが、それは実はこの世の中を変えていく力を身に付けたということなんです」
「このプラスチックの部品を丈夫な金属に変えて、モーターをもっと強力なものにすれば、みなさんは社会で働くロボットを作ることも夢ではありませんよね」
「そんな力をもった子供たちはこれまでいませんでした」

「そんなみなさんが学んできたことを『とやま未来キッズカンファレンス』で発表しましょう!と言っても、アイディアを出すのは結構大変だったはずです。そこで、最新の世界の動きからそのヒントを紹介します。国連サミットで提唱されたSDGsです。SDGsは「Sustinable Development Goals」。つまり持続的な開発のための国際目標です」
sdg_poster_jasdg_icon_01_ja_2sdg_icon_02_ja_2sdg_icon_03_ja_2sdg_icon_04_ja_2sdg_icon_05_ja_2sdg_icon_06_ja_2sdg_icon_07_ja_2sdg_icon_08_ja_2sdg_icon_09_ja_2sdg_icon_10_ja_3sdg_icon_11_ja_2sdg_icon_12_ja_2sdg_icon_13_ja_2sdg_icon_14_ja_2sdg_icon_15_ja_2sdg_icon_16_ja_2sdg_icon_17_ja_2
「2030年の社会をよりよく作り替えていく子供たちを育てるために、この目標を生かしていくのです」
「日本でも、来年度から完全実施になる新しい学習指導要領は、子供たち自身が問題を見つけ、その解決のために必要な知識を自ら学び、様々な人々と協働して解決していく力を付けることを目標としています。つまり、これまでのように教科書に書いてあることを丸覚えしていくことでは、これからの新しい時代の問題は解決できないということです」

「20世紀の人類は、石油は枯れるまで吸い上げ、畑にするために森林を伐採、燃やして、二酸化炭素をガンガン排出し、地球を汚染してきました。でも、これからは、居心地のいい地球を保ったまま、世の中をより便利に暮らしやすくすることが求められているのです」
「SDGsは17項目があります。どの項目を目指して取り組んでいけるかという目標ですから、それをヒントにすれば、きっと世界中の人々が納得するものが作れるはずです」
スライド3

「さて、ここにぼくが考えたロボットのアイディアがあります。
スライド22
「みなさんは『あー失敗!』(クシャクシャ)あ、あんな遠くにゴミ箱が!えーい!って投げて、ゴミ箱の縁に当たって落ちて、わざわざ歩いて行って拾ってもう一回捨てるみたいな経験はありませんか?(ザワザワ)「あら?滑った!」(笑)

「そんなときに考えたのがこの『Go!みばこ君』です。手を2回叩くと、叩いたところまで走ってきてくれて、フタを開けてくれて、ゴミが入ったらフタを閉めて元の位置に帰ってくれる」
「こんな経験がありますよね?」

「実は、『Go!みばこ君』はみなさんが学んできたことでかなりの部分が実現可能です。
手を叩いた場所を音で判断してそこに辿り着くのは難しいので、こうしましょう」

1 大きな音が鳴ったら、次の音を待つ。決められた時間内にもう一度鳴ったら、ゆっくり回転し始める
2 もう一度大きな音が鳴ったら、超音波センサーで障害物を感知するまで前進して、フタを開ける
フタにはモータをつければ簡単に開閉できるよね
3 ゴミが入ったことを検知したら、進んだ分だけバックする

「ほら、できそうでしょう?」

「ちなみにこれはSDGsの7と12に関わっていると言えます。ゴミを捨てるのが面倒になると、燃やせばエネルギー資源になるはずのものが分別されずに退蔵(7)されたり、リサイクル可能なプラスチック等がちゃんと分別されないと、その分余計に石油を使う(12)ことになってしまいますよね」

「こんなバカげた発明でも、もしかしたら地球の環境保全やよりよい社会につながっていくのかもしれないのです」
「せっかくだから、もっと夢を見ましょう!この『Go!みばこ君』はゴミを入れられたら、それを細かく砕いて分別し、圧縮して保管してくれるのです。2030年までにできればいいんですから、どんどん膨らまして『最終的にはそこを目指します!』って言っちゃっていいんです。堂々と夢を語ってください!」

10分の事前準備のあと、子供たち一人一人に今のアイディアを語ってもらいました。
実際に作ってきちゃった子や、いくつもアイディアをもってきた子、もう堂々とプレゼンできちゃう子等、大変すばらしく、勇気がわいてきました。
後期も楽しい講習会になりそうです。

DSC_4814 DSC_4816 DSC_4817 DSC_4818 DSC_4819 FB_IMG_1573299270982 FB_IMG_1573299277539

2019.7.6 WRO2019富山予選会集中練習

WRO富山予選会に向けて、集中練習を行いました。
朝早くから子供たちが集まり、途切れることなく集中的に練習を行いました。
どれだけたくさん失敗したかが大事です。
一杯した分だけ学びます。
「全然分からないから講習会を辞めたい」
という相談がありました。
お父さん、お母さんも取り組んだことのない高度なことを学んでいます。
一年目は全然分からなくて普通です。
諦めずに、「考えて、試して、失敗して」を繰り返してください。
少しずつつかめてくるはずです。
自分で分かる様になる感覚を身につけてください。
きっと、人生の宝になるはずです。
DSC_1124
FB_IMG_1562405018600
今年から、WROに出場するためには、ロボットの写真をプログラムを提出する必要があります。
WRO JAPAN 2019 富山県予選会への参加手続きについて
6面から撮った写真と当日使用するプログラムをCDに焼いてもってきてください。

_63A4942 _63A4948 _63A4955 _63A4956 _63A4958 _63A4962

2019.6.8 WRO富山予選会競技に挑戦!

2回の講習会でロボットプログラミングの基礎を学んだら、WRO富山予選会に向けての練習に突入です。
ルール説明のあと、赤色の横線を探しながらライントレースし、赤線を見つけて停止するプログラミングに挑戦しました。
それができたら、次は赤線から前進してオブジェクトを倒し、バックで戻る。
さらに、180度回転して、また線をたどりながら中央まで戻ってくる。
こんな風に段階を踏んで少しずつ付け足して全体を組み上げていきます。

ロボットのプログラミングでは、実現した動きをできるだけ細分化し、何度も試すことが大事です。
気力、体力、集中力。すべてが鍛えられます。
保護者のみなさんもぜひ一緒に考えてみてください。
DSC_0925
DSC_0927 DSC_0929 DSC_0930 DSC_0931 DSC_0933 DSC_0935 DSC_0936 DSC_0937 DSC_0938 DSC_0939 DSC_0940

次のページ →