2017.6.24 タッチセンサーで遊ぼう!

前期、第4回はタッチセンサーを使いました。
テキストに載せた小さい写真を元にタッチセンサーの追加モジュールをつくり、壁に沿って走るロボットをプログラミングしました。
バックや回転の角度をどのようにすれば思い通りの動きにできるか試行錯誤しました。
保護者のみなさんも一緒に考えてくださり、楽しい時間になりました。
今回でWRO富山大会のベーシック競技に出るための知識は身に付きました。
次回からあと2回は実際の競技の説明と本番に向けての練習会を行います。
次回からはテキストなし!学んだことを生かして、レッツチャレンジです!


DSC_3203
DSC_3204 DSC_3205 DSC_3206 DSC_3207 DSC_3208 DSC_3209 DSC_3210

 

 

 

 

2017.5.27 前期第2回「光センサーを使おう!その1」

前回でロボットを組み立て、モーターを使いこなして前後左右に自由に動かすことに挑戦しました。
今回は光センサーを使っていろいろな色のものを計測し、白と黒の反射光の違いを使って黒線をたどるロボット「ライントレーサー」のプログラミングに挑戦しました。
テキストに不備があり、ちょっと混乱させてしまいましたが、試行錯誤することで理解が深まります。
ぜひ、このモヤモヤを家庭での学習で解消しておいてくださいね。
子供たちの相談に乗ってくださった保護者のみなさん!ありがとうございました!

DSC_2911

DSC_2912

DSC_2913

DSC_2914

DSC_2915

DSC_2916

DSC_2917

両側トレースの作例はこちら。
w-side

2017.5.13 2017年度前期第1回

高岡市の支援を受けて、新しいEv3基本キットを用意し、新しいロボットプログラミング講習会が始まりました。
これまで別の部屋で活動していた1年生のみなさんと継続組のみなさんが同じ部屋で一緒に活動します。
1年生のみなさんが継続のみなさんのテクニックやロボットの構造を見て、刺激を受けてくれると嬉しいです。

1年生の1回目はロボットやプログラミングについて話を聞いたあと、トレーニングロボットを制作しました。
中にはあっという間に仕上げてプログラミングの復習に取り組む子供たちもいました。
今年も楽しくなりそうです。わくわくしてきました。

DSC_2653DSC_2654DSC_2655DSC_2656DSC_2657DSC_2658DSC_2659DSC_2660DSC_2661DSC_2662DSC_2663DSC_2664

2017.2.25 2016年度最終回GTK(グレート玉転がし)

最終課題はみんなでボールを送る巨大な機構を作ろう!です。
それぞれのロボットの入力と出力(インターフェイス)を擦り合わせてボールを受け渡して楽しみました。
1年間、本当にありがとうございました!

DSC_1927

DSC_1928

DSC_1929

DSC_1930

DSC_1931

DSC_1932

DSC_1933

DSC_1934

DSC_1936

DSC_1937

DSC_1940

DSC_1941

DSC_1942

DSC_1947

2017.2.11 後期第五回写真集

DSC09996 DSC09994 DSC09982 DSC09978 DSC09971 DSC09968 DSC09966 DSC09963 DSC09960 DSC09958 DSC09957 DSC09954 DSC09950 DSC00078 DSC00077 DSC00075 DSC00074 DSC00071 DSC00049 DSC00036 DSC00034 DSC00021 DSC00009 DSC00008 DSC00006

2017.2.11 後期第五回 インターフェイスで繋ごう!

年末に出した宿題に取り組んできた子供たち。
一人一人の個性的な作品をみんなで並べてピンポン玉を受け渡すリレーを行うことになりました。
並んでみて、隣の人と擦り合わせる。
出力と入力を噛み合わせる。
インターフェイスの実験です。
次回の二時間でどれだけのボールを送ることができるのか?今から楽しみです!

【動画】手渡しからジェットコースター

【動画】すごい!コブラみたい!

DSC_1807
DSC_1806

DSC_1805

DSC_1802

DSC_1804

DSC_1803

2016.11.26 後期第2回「ライントレースを極めよう!」

1年目のみなさんは前期「なんだか分からないけど、テキスト通りにやってたらできた」的な感じだったかも知れません。
今年から後期の4回でぐいぐい理解を深めていきたいと思っています。内容もかなり高度になっています!
がんばってください!
今回はジグザグとなめらかP(比例制御)の2つの方法について学習しました。

今回のメイン講師、前田さんよりアーム部の詳細な写真が届いております。
まだ、完成していない方は次回までに作っておいてください。
アーム部詳細(リンク先はパスワード保護しています。)

dsc_1099

dsc_1092

dsc_1093

dsc_1094

dsc_1095

dsc_1096

dsc_1097

2016.9.18 WRO2016Japan決勝

ミドル高岡苦戦しています!
なぜかライントレースできない!
うあ!今できました!まだ、未完成ですが、ちょっとホッとした感じ!
見てるだけなのは苦しい!

dsc_0248 dsc_0262dsc_0261 dsc_0258 dsc_0255 dsc_0253 dsc_0252 dsc_0251 dsc_0250 dsc_0249

 

 

 

 

 

 

 

 

保護中: 2016.7.31 WRO2016富山予選大会

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016.6.11 前期第3回「速いライントレーサーをつくろう!」

前回に引き続き、黒い線をたどるロボットを作りながら、プログラミングの基礎を学んでいきます。

Ev3ソフトウェアにNXTの本体で光センサーが非対応。子供たちに負担をかけています。

完璧にプログラミングしたつもりでもなかなか思う通りには動いてくれません。それで当たり前です。

どんどん失敗して、その理由を考えてください。その繰り返しでだんだん分かるようになるはずです。

学校で習うよりとんでもなく難しい内容に取り組んでいます。自分の体験から学ぶしかないのです。

くじけずにがんばってくださいね!

 

 

DSC_5248 DSC_5246 DSC_5245 DSC_5244 DSC_5242 DSC_5241 DSC_5240 DSC_5239 DSC_5238 DSC_5237 DSC_5236 DSC_5235

次のページ →