モーターチェックをしよう!

選手のみなさんはWROに向けて練習に励んでいますが、極限まで性能を追い求めるときはパーツのチェックも大事なんです。今回は、パーツをチェックしつつ、配列と画面表示にも挑戦してみました。

つくったプログラムはこれ。
MotorCheck
「Bモーターを初期化して、3秒間Bモーターを前進させて、0.5秒間停止」を3回繰り返し、画面のグリッド1,3,7列目に3回の測定結果を5秒間表示する。
というものです。
で、出てきた画面がこれ。
DSC_1793
あっちゃ~!カブってもうとるやん!でも、消去を真にすると、消えちゃうし…。
こういうときはググって探す。
そう備忘録「表示ブロックについて ~レゴマインドストームEV3~」 https://www.souichi.club/lego/display-block/

なるほど、表示する前に直前の画面を消すかどうかを聞いてるのか。
ということは、最初の表示だけ消せばいいのね。
gamen

と言うわけで、無事以下のような画面を出せましたとさ。
めでたしめでたし。
配列については、ぜひググってみてくださいね。
DSC_1794
それにしてもタイヤめっちゃ減ってるやん!

保護中: 1)光センサーを使おうEv32019

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 5)黒い線で位置合わせしよう!(上級者向け)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 2019.2.23 高岡市ロボットプログラミング競技大会 練習テキスト(ベーシック・ミドル)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

WRO2019レギュラーカテゴリー中学生部門(直訳)

続いて、中学生部門も翻訳しました。
巻末のオブジェクトの作成方法は翻訳しなくても大丈夫ですよね?
WRO-2019-Regular-03-Junior(直訳2)
注:1月17日20時22分 一部修正しました。

WRO2019レギュラーカテゴリー小学生部門(直訳)

WRO2019の公式サイトにUPされたPDFをGoogle翻訳に翻訳してもらいました。
ほとんどそのままですが、意味は分かると思います。
1年でものすごく進化した気がします。作業はとても楽でした。
とは言え、誤解があるかも知れないので、英語の方もチェックしてくださいね。
https://wro-association.org/wro-2019/games-rules/

翻訳版はこちら↓スマートタクシーです。
WRO-2019-Regular-02-Elementary(直訳)

保護中: ミドル競技用持ち上げアームいろいろ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 自動運転カーを作ろう!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

WRO2018富山予選会について

7月22日(日)は、富山市の鵜坂公民館でWRO2018富山予選会を開催します。
エントリーが7月17日までとなっていますので、次回の講習会までに添付のファイルを印刷し、提出をお願いします。
1年目の方はベーシック競技をお勧めしますが、「楽勝だ!」という方はミドルに挑戦することもできます。
ミドル以上で上位に入れば、9月に石川県で開催される全国大会に出場する資格を得ることができます。
みなさんがんばってください。
WORD版とPDF版を掲載します。
Word版 WRO JAPAN 2018富山県予選会エントリーシート
PDF版 WRO JAPAN 2018富山県予選会エントリーシート

保護中: 2018.6.20 WRO2018ベーシック競技対策

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

次のページ →