2019.11.9 後期第1回「とやま未来キッズカンファレンスに参加しよう!」

WRO2019国際大会がまさに開催されている最中ですが、後期の講習会が始まりました。

今年から後期の11月と12月は、12月21日(日)に開催される「とやま未来キッズカンファレンス」を目標にすることになりました。とやま未来キッズカンファレンスでは、「あったらいいなこんなロボット」と題して、暮らしを便利にするロボットを作り、それをプレゼンします。

第1回の今日は、夏休みから考えてもらっていたアイディアを聞き合う場を設定しました。
スライド1スライド2
FB_IMG_1573287354755
「前期、みなさんはWROの競技に向けて練習を続けてきました。みなさんはこのちっぽけなロボットを思い通りに動かすことを学んできましたが、それは実はこの世の中を変えていく力を身に付けたということなんです」
「このプラスチックの部品を丈夫な金属に変えて、モーターをもっと強力なものにすれば、みなさんは社会で働くロボットを作ることも夢ではありませんよね」
「そんな力をもった子供たちはこれまでいませんでした」

「そんなみなさんが学んできたことを『とやま未来キッズカンファレンス』で発表しましょう!と言っても、アイディアを出すのは結構大変だったはずです。そこで、最新の世界の動きからそのヒントを紹介します。国連サミットで提唱されたSDGsです。SDGsは「Sustinable Development Goals」。つまり持続的な開発のための国際目標です」
sdg_poster_jasdg_icon_01_ja_2sdg_icon_02_ja_2sdg_icon_03_ja_2sdg_icon_04_ja_2sdg_icon_05_ja_2sdg_icon_06_ja_2sdg_icon_07_ja_2sdg_icon_08_ja_2sdg_icon_09_ja_2sdg_icon_10_ja_3sdg_icon_11_ja_2sdg_icon_12_ja_2sdg_icon_13_ja_2sdg_icon_14_ja_2sdg_icon_15_ja_2sdg_icon_16_ja_2sdg_icon_17_ja_2
「2030年の社会をよりよく作り替えていく子供たちを育てるために、この目標を生かしていくのです」
「日本でも、来年度から完全実施になる新しい学習指導要領は、子供たち自身が問題を見つけ、その解決のために必要な知識を自ら学び、様々な人々と協働して解決していく力を付けることを目標としています。つまり、これまでのように教科書に書いてあることを丸覚えしていくことでは、これからの新しい時代の問題は解決できないということです」

「20世紀の人類は、石油は枯れるまで吸い上げ、畑にするために森林を伐採、燃やして、二酸化炭素をガンガン排出し、地球を汚染してきました。でも、これからは、居心地のいい地球を保ったまま、世の中をより便利に暮らしやすくすることが求められているのです」
「SDGsは17項目があります。どの項目を目指して取り組んでいけるかという目標ですから、それをヒントにすれば、きっと世界中の人々が納得するものが作れるはずです」
スライド3

「さて、ここにぼくが考えたロボットのアイディアがあります。
スライド22
「みなさんは『あー失敗!』(クシャクシャ)あ、あんな遠くにゴミ箱が!えーい!って投げて、ゴミ箱の縁に当たって落ちて、わざわざ歩いて行って拾ってもう一回捨てるみたいな経験はありませんか?(ザワザワ)「あら?滑った!」(笑)

「そんなときに考えたのがこの『Go!みばこ君』です。手を2回叩くと、叩いたところまで走ってきてくれて、フタを開けてくれて、ゴミが入ったらフタを閉めて元の位置に帰ってくれる」
「こんな経験がありますよね?」

「実は、『Go!みばこ君』はみなさんが学んできたことでかなりの部分が実現可能です。
手を叩いた場所を音で判断してそこに辿り着くのは難しいので、こうしましょう」

1 大きな音が鳴ったら、次の音を待つ。決められた時間内にもう一度鳴ったら、ゆっくり回転し始める
2 もう一度大きな音が鳴ったら、超音波センサーで障害物を感知するまで前進して、フタを開ける
フタにはモータをつければ簡単に開閉できるよね
3 ゴミが入ったことを検知したら、進んだ分だけバックする

「ほら、できそうでしょう?」

「ちなみにこれはSDGsの7と12に関わっていると言えます。ゴミを捨てるのが面倒になると、燃やせばエネルギー資源になるはずのものが分別されずに退蔵(7)されたり、リサイクル可能なプラスチック等がちゃんと分別されないと、その分余計に石油を使う(12)ことになってしまいますよね」

「こんなバカげた発明でも、もしかしたら地球の環境保全やよりよい社会につながっていくのかもしれないのです」
「せっかくだから、もっと夢を見ましょう!この『Go!みばこ君』はゴミを入れられたら、それを細かく砕いて分別し、圧縮して保管してくれるのです。2030年までにできればいいんですから、どんどん膨らまして『最終的にはそこを目指します!』って言っちゃっていいんです。堂々と夢を語ってください!」

10分の事前準備のあと、子供たち一人一人に今のアイディアを語ってもらいました。
実際に作ってきちゃった子や、いくつもアイディアをもってきた子、もう堂々とプレゼンできちゃう子等、大変すばらしく、勇気がわいてきました。
後期も楽しい講習会になりそうです。

DSC_4814 DSC_4816 DSC_4817 DSC_4818 DSC_4819 FB_IMG_1573299270982 FB_IMG_1573299277539

モーターチェックをしよう!

選手のみなさんはWROに向けて練習に励んでいますが、極限まで性能を追い求めるときはパーツのチェックも大事なんです。今回は、パーツをチェックしつつ、配列と画面表示にも挑戦してみました。

つくったプログラムはこれ。
MotorCheck
「Bモーターを初期化して、3秒間Bモーターを前進させて、0.5秒間停止」を3回繰り返し、画面のグリッド1,3,7列目に3回の測定結果を5秒間表示する。
というものです。
で、出てきた画面がこれ。
DSC_1793
あっちゃ~!カブってもうとるやん!でも、消去を真にすると、消えちゃうし…。
こういうときはググって探す。
そう備忘録「表示ブロックについて ~レゴマインドストームEV3~」 https://www.souichi.club/lego/display-block/

なるほど、表示する前に直前の画面を消すかどうかを聞いてるのか。
ということは、最初の表示だけ消せばいいのね。
gamen

と言うわけで、無事以下のような画面を出せましたとさ。
めでたしめでたし。
配列については、ぜひググってみてくださいね。
DSC_1794
それにしてもタイヤめっちゃ減ってるやん!

2019.7.6 WRO2019富山予選会集中練習

WRO富山予選会に向けて、集中練習を行いました。
朝早くから子供たちが集まり、途切れることなく集中的に練習を行いました。
どれだけたくさん失敗したかが大事です。
一杯した分だけ学びます。
「全然分からないから講習会を辞めたい」
という相談がありました。
お父さん、お母さんも取り組んだことのない高度なことを学んでいます。
一年目は全然分からなくて普通です。
諦めずに、「考えて、試して、失敗して」を繰り返してください。
少しずつつかめてくるはずです。
自分で分かる様になる感覚を身につけてください。
きっと、人生の宝になるはずです。
DSC_1124
FB_IMG_1562405018600
今年から、WROに出場するためには、ロボットの写真をプログラムを提出する必要があります。
WRO JAPAN 2019 富山県予選会への参加手続きについて
6面から撮った写真と当日使用するプログラムをCDに焼いてもってきてください。

_63A4942 _63A4948 _63A4955 _63A4956 _63A4958 _63A4962

2019.6.24 WROJapan2019富山地区大会要項

富山地区大会の詳細が決定いたしました。
参加されるみなさんはルールをよくご確認の上、準備を進めてください。
違反した場合は失格となりますのでよろしくお願いします。
エントリーシートは7月7日(日)に締め切りとします。

WRO JAPAN 2019富山県予選会エントリーシート

WRO Japan 富山県予選会 倫理規定

WRO Japan2019富山地区大会実施要領_配布

2019.6.8 WRO富山予選会競技に挑戦!

2回の講習会でロボットプログラミングの基礎を学んだら、WRO富山予選会に向けての練習に突入です。
ルール説明のあと、赤色の横線を探しながらライントレースし、赤線を見つけて停止するプログラミングに挑戦しました。
それができたら、次は赤線から前進してオブジェクトを倒し、バックで戻る。
さらに、180度回転して、また線をたどりながら中央まで戻ってくる。
こんな風に段階を踏んで少しずつ付け足して全体を組み上げていきます。

ロボットのプログラミングでは、実現した動きをできるだけ細分化し、何度も試すことが大事です。
気力、体力、集中力。すべてが鍛えられます。
保護者のみなさんもぜひ一緒に考えてみてください。
DSC_0925
DSC_0927 DSC_0929 DSC_0930 DSC_0931 DSC_0933 DSC_0935 DSC_0936 DSC_0937 DSC_0938 DSC_0939 DSC_0940

保護中: WRO富山予選会 Basic競技に挑戦!

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019.5.25 前期第2回「ライントレーサーをつくろう!」

運動会シーズンまっただ中で、欠席者が多かった今回の講習会。

ほとんどマンツーマンで講習を進めることができました。
家でかなりいじっている子供たちもいるようで、今後の成長が楽しみです。
今回のポイントは「しきい値」です。
みんなで同じプレートを使って測ってみたのですが、数値はそれぞれバラバラです。
理由の1つ目は、カラーセンサーの感度に個体差があること。
2つ目は、人間の目には同じように見えても、場所によってその明るさは実は大きな差があることです。
ちょっと工夫して光センサーを付ければ、模造紙の上に黒いマジックで線を引くだけでもライントレーサーの競技場ができます。
ぜひ、ご家庭でも最速を目指して練習してみてください。
DSC_0823
DSC_0824 DSC_0825 DSC_0826

今回、こんな風に取り付けてみました。
DSC_0827

コースに並んで、順番待ちをする子供たち。
最速は、30秒間でタイル28枚でした。
DSC_0828
DSC_0830 DSC_0831

最速ロボットのビデオです。
ポイントはインコースを走っていることと、どちらのモーターも「パワー0」にしていないことです。
バランスの調整が難しいですね。

保護中: 1)光センサーを使おうEv32019

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 5)黒い線で位置合わせしよう!(上級者向け)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2019.5.11 2019年度前期第1回「トレーニングロボットを作ろう」

2019年度第1回目の講習会を行いました。
DSC_0509

たくさんの荷物がありましたが、子供たちや保護者のみなさんのご協力で素早く会場まで運ぶことができました。
DSC_0510 DSC_0511 DSC_0512 DSC_0513
最初にマインドストームのサーボモーターやセンサー類の説明をしたあと、トレーニングロボットの製作に入りました。
Ev3ソフトウェアのトップから、組み立て説明書>トレーニングロボット>表示
で、組み立て方が見られます。
DSC_0515 DSC_0516
組み立てが終わった人から自分の組み立てたロボットでペットボトル倒しを行いました。
DSC_0517 DSC_0518 DSC_0519 DSC_0520 DSC_0521 DSC_0522
次回はカラーセンサーを使って、床に書かれた線をたどって走るロボットを作ります。
運動会で欠席予定の子供たちが多くて残念です。
このサイトのテキストを使って自習しておいてくれると助かります。
http://robot.e-nat.org/category/%E8%B3%87%E6%96%99/

次のページ →