2017.2.11 後期第五回 インターフェイスで繋ごう!

年末に出した宿題に取り組んできた子供たち。
一人一人の個性的な作品をみんなで並べてピンポン玉を受け渡すリレーを行うことになりました。
並んでみて、隣の人と擦り合わせる。
出力と入力を噛み合わせる。
インターフェイスの実験です。
次回の二時間でどれだけのボールを送ることができるのか?今から楽しみです!

【動画】手渡しからジェットコースター

【動画】すごい!コブラみたい!

DSC_1807
DSC_1806

DSC_1805

DSC_1802

DSC_1804

DSC_1803

2016.11.26 後期第2回「ライントレースを極めよう!」

1年目のみなさんは前期「なんだか分からないけど、テキスト通りにやってたらできた」的な感じだったかも知れません。
今年から後期の4回でぐいぐい理解を深めていきたいと思っています。内容もかなり高度になっています!
がんばってください!
今回はジグザグとなめらかP(比例制御)の2つの方法について学習しました。

今回のメイン講師、前田さんよりアーム部の詳細な写真が届いております。
まだ、完成していない方は次回までに作っておいてください。
アーム部詳細(リンク先はパスワード保護しています。)

dsc_1099

dsc_1092

dsc_1093

dsc_1094

dsc_1095

dsc_1096

dsc_1097

2016.9.18 WRO2016Japan決勝

ミドル高岡苦戦しています!
なぜかライントレースできない!
うあ!今できました!まだ、未完成ですが、ちょっとホッとした感じ!
見てるだけなのは苦しい!

dsc_0248 dsc_0262dsc_0261 dsc_0258 dsc_0255 dsc_0253 dsc_0252 dsc_0251 dsc_0250 dsc_0249

 

 

 

 

 

 

 

 

保護中: 2016.7.31 WRO2016富山予選大会

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016.6.11 前期第3回「速いライントレーサーをつくろう!」

前回に引き続き、黒い線をたどるロボットを作りながら、プログラミングの基礎を学んでいきます。

Ev3ソフトウェアにNXTの本体で光センサーが非対応。子供たちに負担をかけています。

完璧にプログラミングしたつもりでもなかなか思う通りには動いてくれません。それで当たり前です。

どんどん失敗して、その理由を考えてください。その繰り返しでだんだん分かるようになるはずです。

学校で習うよりとんでもなく難しい内容に取り組んでいます。自分の体験から学ぶしかないのです。

くじけずにがんばってくださいね!

 

 

DSC_5248 DSC_5246 DSC_5245 DSC_5244 DSC_5242 DSC_5241 DSC_5240 DSC_5239 DSC_5238 DSC_5237 DSC_5236 DSC_5235

2016.5.28 第2回「光センサーを使おう!」

前回は基本のローバーをつくって体験講習会のおさらいをしたので、今回は本格的にソフトウェアの実習に入りました。
ソフトウェアかんきょうはEv3に移行したのですが、ハードが旧式のNXTのままのため、光センサーがそのままでは使えませんでした。
そこで光センサーから生データを取り出し、0~100%の値に変換して扱いやすくするマイブロックを作成してもらいました。
いきなり高難易度のプログラミングでしたが、保護者のみなさんのおかげでなんとか参加者全員が正しく動作するのを確認することができました。

会場のPCが古くて動作が大変重くなっています。
ご家庭にロボットのために使ってもいいXp以上のPCがありましたら、ぜひ持ち込んでください。
少しでもストレスが低減されると思います。

DSC_5053 DSC_5054 DSC_5055 DSC_5056 DSC_5057 DSC_5058 DSC_5059 DSC_5060 DSC_5061 DSC_5062

 

 

 

 

 

 

 

2016.5.7 2016年度前期第1回

いよいよ2016年度の講習会が始まりました。

今年も初めてプログラミングに取り組む1年生は12名です。
ロボットのプログラミングは基本的なことができるようになるとその先は非常に抽象的で難解です。
それでも実現したい動きをプログラムし、作ったロボットにインストールして実際の動きを確認することで、次第に理解できるようになっていきます。

深い理解は教えられてできるようなものではなく、自分で試してみるしかありません。
経験から学ぶしかないのです。

通常、1年目で理解するのはごく一部です。まず、小学校で学ぶより大変難しい内容に取り組んでいることを理解してください。
できればお子さんと一緒に悩んであげてください。できるようになったことを一緒に喜んであげてください。
ぜひ、ご自宅でも実験してください。失敗した回数の分だけ理解が深まります。

みなさんの一年間の健闘を祈ります。
あきらめず努力し続けてください。そして、全力で楽しんで!

DSC_4805 DSC_4806 DSC_4807 DSC_4808 DSC_4809 DSC_4810 DSC_4811 DSC_4813

 

 

 

 

2016.2.27 2015年度最終日

1年間の講習。お疲れさまでした!

いつもやってることなんですが挙手してもらったら、「ロボットのこと全部わかった人!」ゼロ。「大体わかった人!」若干名。「少しでもわかった人!」全員でした。

ロボットのプログラミングはとても難しく、一年でマスターできるようなものではありません。
でも、最後まで食らいついてくれた子供たちに拍手を送りたいと思います。

最初はとてつもなく難しく、何から手をつければいいかもわかりませんが、わかっていることからまずひとつ試してみる。
画面とにらめっこしていても全く進みませんが、何かを試してみることでつかむことがあったはずです。

ロボットの講習会はこれで一旦終わりますが、これからの人生も「とにかく何かを試してみる」精神でチャレンジしていってほしいのです。

失敗しなければ、成功もありません!
「ナイスミスッ!」
を連呼していましたが、失敗しない人が偉いのではなく、失敗を次にいかそうとする人こそ、いつか必ず栄光を勝ち取るのです。

みなさんのこれからのチャレンジを応援しています。

今日の終わり方はなんか来週のことが気になって、中途半端な感じがしたのでちょっと反省しています。

1年間ありがとうございました!

DSC_4251 DSC_4253 DSC_4258 DSC_4259 DSC_4264 DSC_4265 DSC_4247 DSC_4249 DSC_4250

2015.12.26 後期第4回「壁にぶつかって戻ってくるロボット」発表会

今年最後のロボットプログラミング講習会を開催しました。

前期はプログラミング中心でやってきたので、後期はハードウェア中心に内容をガラッと変えて行っています。
「どんな動きもプログラミングしだい」と教えてきたのに、この方向転換には少し戸惑っている子もいるかも知れません。
第3回と第4回は「モーターは前進のままで、壁に当たって戻ってくるロボット」です。

一日目でギアチェンジするロボットを仕上げた子がいたのにはびっくりしました。
さて、どんなロボットが完成したでしょうか?(発表会の様子は下をご覧ください。)
大人には到底思いつけないような奇想天外なロボットが次々出てきて、めちゃくちゃ面白かったです。

次回は年が明けて2月の13日になります。
宿題がありますので、できればこの冬休みに取り組んでみてください。

直径5cm、高さ10cmの円柱から同じ大きさの円柱にブロックを移動させるロボットです。
2本の円柱の距離は1mの予定です。
持ち上げても、投げ飛ばしてもかまいません。子供たちの自由な発想を楽しみにしています。
DSC_3971 DSC_3972 DSC_3973 DSC_3974 DSC_3975

 

 

 

DSC_3976

DSC_3949 DSC_3952 DSC_3953 DSC_3954 DSC_3955 DSC_3956 DSC_3957 DSC_3958 DSC_3959 DSC_3960 DSC_3961 DSC_3962 DSC_3963 DSC_3966 DSC_3967 DSC_3968 DSC_3969 DSC_3970

2015.11.14 後期第1回目(WRO競技研究継続と国際大会報告)

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

国際大会も終了し、いよいよ後期の講習会が始まります。

やはり子供たちの希望もあり、年内いっぱいWRO競技の研究をしたいと思います。
JAPAN決勝や国際大会出場の選手からはいろいろなノウハウを学べると思います。
選手のみなさん!ぜひお裾分けをお願いします。

国際大会出場の3名はちょっとへこんでいる様子でしたが、それは「自分たちが十分に準備した」という自負に対して、結果が伴わなかったという残念さの表れだと思います。

最後までより高いところを目指して努力し続けた姿に拍手を贈りたいと思います。

教師をしていると毎年いろんな人と関わりますが、一番感じるのは「本当に優秀な人は腰が低い」ということです。
ぼくみたいにいつも偉そうにしてる人が一番能力の無い人なのです。(笑)

いつもチャレンジし続けている人は自分より上がいることを知っている。だから、謙虚で正直です。そういう素直さを身につけるには高い目標を掲げて挑戦し続けることです。

「井の中の蛙」にならないことです。

みんなで「世界」に行きましょう!
そのためのチームになりましょう!
みんなで学び合って高岡チームを最高で最強にしていきましょう!

みなさん。後期もよろしくお願いします。

← 前のページ次のページ →